マイナス金利

2016年もあと僅か!

色んなことが起き過ぎました。

 

年明け早々に原油価格が下落して、

中国経済は大混乱!

めちゃくちゃ振り回されましたよね。

 

もちろん日本経済にも影響が出て来てしまい、

色んな意味で忙しかった記憶があります。

 

その最中に特大な大砲をぶっ放したのが、日銀ですよ。2016年の流行語にもなった、マイナス金利です。

政策金利と為替の関係はこちらのサイトで解説していますので、参考にしてください。

http://fxtrend.jp/column-fundamental-interestrates.html

現在マイナス金利の効果が出たのかと言われると、

何とも言えないのが正直な所。

 

でも一時期と比べると何とか踏ん張れてはいるので、

それなりの効果はあったのかもしれませんね。

 

2017年にも注目したい日銀の動き。

果たして来年にはどんな大砲を放つのか、

色んな意味で楽しみでもあります。

 

でも大砲をぶっ放されると

個人的にすごく忙しくなるので、

ほどほどにしてほしい。

動きづらい状況は続く

15日の日経平均株価は1万6,405.01円と

大きく続落。

 

3週間ぶりに1万6,500円を割り込む展開となりました。

 

足を引っ張ったのは14日の欧米株の不調と

原油価格の下落。

 

お蔭で日経恐怖指数は24.48と

昨日の23.0よりも更に増え、

動きづらい状況です。

 

もちろんドル円もだだ下がり状態。

一時は101円台にまで下がってしまったものの、

102円前半で何とか留まっている状態です。

 

でも良くない条件が重なっちゃってるので、

ものすごく上がったとしても102円半ばが

いっぱいいぱいかと思います。

 

さて欧州時間です。

 

ポイントとなるのが、

イングランド銀行の金融会合でしょう。

 

EU離脱を決めて瀬戸際に立たせているイギリスが、

どう動き出すのかが注目です。

FXにレバレッジが必要なわけ

「証拠金」とは、

FXを始める時に必要な資金のことです。

 

FXに人気が高まってる理由の一つに

少ない資金で通貨の売買に参加できることが上げられています。

 

でも仮に1万円の資金でFXを始めたとして、

1ドル100円のときに証拠金の1万円を使って、

100ドルを購入し、101円になったときに

その100ドルで円を買い戻したとすると

1万100円になるのです。

 

でも利益は100円しかないので、

投資利益とは言えません。

 

でも、FXにはレバレッジというシステムがありますから、

10倍のレバレッジを効かせたとすると

利益は1000円に膨らんでいくのです。

 

ですからFXには、

レバレッジが掛けられないとメリットが出てこないのです。

FXでの初期投資費用

FXでの初期投資費用は

100万円もかかりません。

 

会社によって色々ありますが、

ほとんどのFX口座は0円でも

口座開設ができます。

 

口座開設したら、

後は自分が取引したいだけの

投資金額が最初の初期投資費用となるでしょう。

 

初期投資費用が多くても良いのですが、

少なくても構いません。

 

初期投資費用が少ない場合は

利益がすくなくなりますが、

リスクも少なくなります。

 

利益が少ないからといって

嘆くことはないのです。

 

初期投資費用を多くすれば

利益が多く望まれますが、

リスクも大きいということを理解しましょう。

 
FXでの初期投資費用は100万円もかからないです。

自分の好きなだけの初期投資費用から始められるのがFXの魅力です。

 

最近では10円以下からでも

FXでの投資を楽しむことができるFX業者などもあります。

 

そういったところを選んで

FXでの小額投資を楽しんでみてはいかがでしょうか。

自分の余裕のある金額でFXの投資を楽しんでいきましょう。

 

負けない取引を目指そう

FXに限らず勝負事には、

必ずといっていいほど勝ち負けがあります。

 

必ず勝ち負けがあります。

FXではいかに負けないか、

負けたとしてもいかに最小限の負けに

とどめることができるかということが

取引をする上で重要になってきます。

 

しっかりとFXを理解して勝てるトレーダーを目指していきましょう。

 

負けないために、

慣れないうちはレバレッジを低くして取引をするのがいいでしょう。

 

無理せず低いレバレッジで取引をしていけば

ローリスクローリターンの取引となりますので、

もし負けたとしても大きな額は取られないことになります。

 

投資をする上ではメンタルが強いということが重要になってきますので、

取引で正常な判断ができるように余裕資金で取引をすることをオススメします。

 

メンタルが強い状況での取引をしていれば

正常な判断ができることになりますので、

しっかりとリスク管理をした取引を進めていきましょう。

 

FXでは負けないという事を念頭において

取引を進めていきましょう。

オーストラリアに注目!

現時点でのチャートはとても静かなもの。
一直線にす〜っと行っちゃってるので、
中々予想も建て辛い。

 

シリアの事が不安材料としてはあるものの、
3連休前のNYまで動きはなさそうかも。

 

そんな中注目しておきたいのが、オーストラリア。

 

というのも9月3日には豪準備銀行(中央銀行)政策金利発表。
4日には4-6月期四半期国内総生産。
5日には7月貿易収支と3日連続で面白そうなイベントが待っているから。

 

しかし前回の結果と予想を見比べてみると、
そんなに大きな差は開いてないので
あんまり動かない可能性も無きにしもあらず。

 

けどどうなるのかは分からないし、
結果次第によっては上がる
可能性もあるから行くのであれば買いポジかな〜?
なんて思うんですがどうでしょうか!

 

アクマでも勝手な想像なので、
本気にしないで下さいね(大汗)

夏のイベント

夏はイベントが目白押し!
お祭りに盆踊り。そして花火大会!

 

個人的には音楽が好きなので
ロックフェスも見逃せません。
今年は特に大物が来日するので、期待値MAXです。

 

勿論FXでもイベントはあります。
しかも7月終わり〜8月初めにかけては
ビッグイベントもあり、目が離せません。

 

そのイベントとは経済指標!

手始めに7月31日にはFOMC・政策金利発表。

 

8月になると7月非農業部門雇用者数、
失業率の発表があります。

 

現在ドルは一時期ドーンと下がったものの、
少し立て直している状態。
しかしこれらの発表次第によっては、
大波乱を起こす可能性もあるので目が離せません。

 

今年の夏を笑って過ごす事になるのか?
泣いて過ごしてしまう事になるのか?
は神のみぞ知る。って奴でしょうかね。

FXでの最大の敵

FX取引で勝率をあげていくためには、
精神状態を強いものにしていかないと
勝てる取引も勝てなくなってしまいます。

 

FXでの最大の敵はプレッシャーだったりします!

 

取り引きをしていて含み損が出て、
その含み損の額がとんでもない
負け額になってしまっていたときに、

 

これ以上負けが出るとまずいなー
という状態になってしまった時に、
ポジションを手放してしまうというのが
プレッシャーに負けた取引となってしまいます。

 

たいがい手放した後に、値が元に戻っていく
ということが良くあります。

 

プレッシャーに負けずに取引できるということが、
FXでの勝率をあげる一番のコツとなります。

 

精神状態を鍛えてプレッシャーに負けない
取引ができるように頑張って
FXでの取り引きを進めていくといいでしょう。

 

プレッシャーに負けないように、
一度ポジションを持ったら、
そのポジションの損失や利益は
見ないなどの工夫をしてプレッシャーに勝ちましょうね。

 

といいつつ、これが案外、
余裕がないと出来ないんですよね!!

 

GWのイベントディ

GWはいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

5/3、東京タイムはゴールデンWの影響で
動きが見当たりませんでした。

 

イベント注目の日ですが、
雇用統計を睨んで状態はルーズ、
予想はどうかといえばネガ優先でポジもあり、
やはりここは欧州のトレードに乗っかっておいて
雇用統計前には手仕舞いしようかな、
という感じでみていました。

 

ユーロはロングで入り、
決済は早めに、が鉄則です。

 

GWも終了、今年はどこの
レジャー業者さんもお困りの様子ですね。

 

東日本大震災で風評被害を
こうむったところでも
今年はとやる気を見せていたそうですが
かわいそうな感じです。

 

この前復興弁当を新幹線の中で
食べましたけどおいしかったです。

 

お弁当よりお茶が特に美味しかった。
お茶がおいしいというのは
メタボ基調だそうです。。

 

トレードのしすぎかな?

自分の考えを持って運用しよう!

MRIインターナショナル社の資産運用問題は、
おおきな騒ぎになっていますね。

 

アメリカの資産運用会社で
なぜ日本人の預けたお金1300億円が無くなったのか。。

 

金額についてはまだよくわからないようですが、
運用資金が無くなったのは事実のようですね。

 

募集はネット、ホームページらしいのですが、
よくこれだけのお金が集まるものですよね。
羨ましいものですー。

 

自分の大事なお金を他人(会社)に託すことは、多いものです。

 

投資信託などがいい例ですよね。
別にこれが悪いと言っているわけではありませんよ。
凄く魅力的な商品もあるでしょうから。。

 

今までの実績や安全なことを考えて預けるのだと思います。
そうそう、日本でも同様の事件が起きましたよね!

 

投資にも安全安心は無いということなんでしょうね。
絶対に儲かります。。なんて話は山ほどころがって
メールなどでも勝手に送られてきますね。

 

絶対の自信があれば、他人の運用などしないで
自分で儲ければいいことですから。注意しましょうね。

 

絶対儲かるものは無いと思いますよ。
FXもそうです、自分の考えを持って運用してくださいね。

 

そうすれば自信を持てるようになりますし、
自分の責任なんですから。そんな事件で考えさせられました。

何が重要か考えよう

FXをする上で何が一番重要なのか・・・。

 

FXの世界にあるお金は無尽蔵に見えますが実は有限ですよね。

 

この有限のお金の中から、
投資家やヘッジファンドがしのぎを削って、
お金の奪い合いをしているのです。

 

お金の奪い合いをしているので、
全てみぐるみはがされて無一文になる人も居ます。

 

FXはゼロサムゲーム!
利益で得たお金は誰かが損しているお金なのです。
そういったことを考えると莫大な利益を得た場合には、
誰かが莫大に損をしているということになります。

 

だから、FXでは勝者が居て必ずどこかに敗者がいるのです。

 

敗者がいるということを思うと、
お金を得ることが本当に大事なのでしょうか。

 

個人でFXをやる分にはそこまで儲けることは無いかと思いますが、
目指すところははっきりとさせておいた方が良いですね。
勝者の裏には敗者もいる。

 

敗者のことも考えて、
FXをする上で何の取引が重要になってくるかというのを
良く考えてFXでの取り引きを進めていきたいですね。

FX取引のトレードスタイル

FXにはさまざまな取引スタイルがあり例えば、
「デイトレ」
「スワップ派」
「長期派」などといった種類があります。

 

主にどの利益に焦点を向けるか、
どれくらいの期間で資産運用を
していくかがポイントになっています。

 

デイトレードやスキャルピングなどの短期取引に対し、
長期的に資産運用していく方法もあり、
「長期投資」や「スワップ派」、「スイングトレード」
などと呼ばれています。

 

しかし実際に長期トレードを行っている人は、
現時点ではまだ少ないといえます。

 

それは皆さんご存知の通り、
リーマンショックで円キャリートレードの
巻き戻しが起こり、皆さん悲惨な目に遭ったわけです。

 

しかしリーマンショックで世界経済が落ち込む前は、
円キャリートレードたけなわで円を売って外貨を買う
「長期投資」、「スワップトレード」がFXスタイルの主流でした。

 

わたしももちろんスワップトレード派でした。
懐かしいですね!

 

長期投資のメリットとしては、
まず、投資にかける時間・労力を
圧倒的に減らすことができます。

 

デイトレードなどの短期投資は、
パソコンの前にずっと座って、
為替の動きを常に見ている必要があります。

 

これは昼間仕事をしている人などにとっては
非常に効率が悪いといえます。

 

短期取引は取引に掛ける時間に、
ある程度余裕がある人でないと難しいのです。

 

これに対し長期取引であれば
ゆとりを持ったトレードが可能になります。

 

次のメリットとしては、
確実性が短期取引と比べて高いことです。

 

短期的な動きに連動して行う短期取引よりも、
長期的なトレンドにあわせた取引のほうが、
確実な利益を得やすいといえます。

 

そして長期投資は精神的にのんびりとした
資産運用が可能なのも重要です。

 

普段からのんびり屋さんな人には、
デイトレよりも長期の方がずっとおすすめです。