動きづらい状況は続く

15日の日経平均株価は1万6,405.01円と

大きく続落。

 

3週間ぶりに1万6,500円を割り込む展開となりました。

 

足を引っ張ったのは14日の欧米株の不調と

原油価格の下落。

 

お蔭で日経恐怖指数は24.48と

昨日の23.0よりも更に増え、

動きづらい状況です。

 

もちろんドル円もだだ下がり状態。

一時は101円台にまで下がってしまったものの、

102円前半で何とか留まっている状態です。

 

でも良くない条件が重なっちゃってるので、

ものすごく上がったとしても102円半ばが

いっぱいいぱいかと思います。

 

さて欧州時間です。

 

ポイントとなるのが、

イングランド銀行の金融会合でしょう。

 

EU離脱を決めて瀬戸際に立たせているイギリスが、

どう動き出すのかが注目です。