車を売るのに必要な書類

こんにちは、マサノリです。

車を売る準備ができ、相場を調べることができたら次に準備したいのは「車売るのに必要な書類」です。

車は査定に出して、買取価格を出してもらったらその場で売れるものではありません。

必ず必要になる書類があります。

普通乗用車と軽乗用車では必要な書類がちょっとだけ違うので、確認しましょう!

まず、普通乗用車に必要なのは以下のものです。

・車検証

・実印

・印鑑登録証明書

・自賠責保険証明書

・振込口座情報

・リサイクル券

実印や印鑑証明書とか以外は一般的には車の中で保管するものなので確認してみましょう。

もしなくても再発行の手続きはできるので確認してみてください。

では次に、軽自動車の場合に必要な書類を紹介します。

・車検証

・自賠責保険証明書

・印鑑(認印OK)

・軽自動車納税証明書

・振込口座情報

・リサイクル券

軽自動車の場合、印鑑は実印でなくてもOKで、印鑑証明書も不要です。代わりに軽自動車納税証明書が必要になります。

これらも一般的には車の中に保管していると思うので、確認してみてください。

もしなくても再発行ができるので、再発行が必要な場合はそれぞれの書類を発行してくれる場所に問い合わせてみてください。

プラスで、もし引っ越し等をして住所が変わっている場合は、証明するために住民票の写しなどが必要になる事もあるので、状況に合わせて用意しておくと楽だと思います。