急に値動きするのが、通貨レートですから

FXはゼロサムゲームで、誰かが得をして損をする人が、カバーしています。誰かが得をすれば、一方で誰かが損をしています。円安はもっと進んでいくかもしれないし、もしかしたらまた経済不安で円高になるかもしれません。

問題は、どこまで円安や円高が進むと売るのかという決裁のタイミングです。通貨価値は、絶えず小刻みに上がったり下がったりしていくものですが、円の場合は1円~2円の上げ下げを繰り返しています。でもそんな小幅な値動きでの売買は、利益を生み出すメリットは少なくとも私達個人トレーダーはあまり期待できません。

レバレッジを数十倍にでもしていけば、小幅でもチャンスはありますが、負けることへのリスクが大きくて手が出せませんよね。でも急に円安や円高に大きく動くのは突然ですから、そういう緊張感を楽しんでFXをやっていきましょう。

マイナス金利

2016年もあと僅か!

色んなことが起き過ぎました。

 

年明け早々に原油価格が下落して、

中国経済は大混乱!

めちゃくちゃ振り回されましたよね。

 

もちろん日本経済にも影響が出て来てしまい、

色んな意味で忙しかった記憶があります。

 

その最中に特大な大砲をぶっ放したのが、日銀ですよ。2016年の流行語にもなった、マイナス金利です。

政策金利と為替の関係はこちらのサイトで解説していますので、参考にしてください。

http://fxtrend.jp/column-fundamental-interestrates.html

現在マイナス金利の効果が出たのかと言われると、

何とも言えないのが正直な所。

 

でも一時期と比べると何とか踏ん張れてはいるので、

それなりの効果はあったのかもしれませんね。

 

2017年にも注目したい日銀の動き。

果たして来年にはどんな大砲を放つのか、

色んな意味で楽しみでもあります。

 

でも大砲をぶっ放されると

個人的にすごく忙しくなるので、

ほどほどにしてほしい。

動きづらい状況は続く

15日の日経平均株価は1万6,405.01円と

大きく続落。

 

3週間ぶりに1万6,500円を割り込む展開となりました。

 

足を引っ張ったのは14日の欧米株の不調と

原油価格の下落。

 

お蔭で日経恐怖指数は24.48と

昨日の23.0よりも更に増え、

動きづらい状況です。

 

もちろんドル円もだだ下がり状態。

一時は101円台にまで下がってしまったものの、

102円前半で何とか留まっている状態です。

 

でも良くない条件が重なっちゃってるので、

ものすごく上がったとしても102円半ばが

いっぱいいぱいかと思います。

 

さて欧州時間です。

 

ポイントとなるのが、

イングランド銀行の金融会合でしょう。

 

EU離脱を決めて瀬戸際に立たせているイギリスが、

どう動き出すのかが注目です。